Top > クレジットカード現金化 > クレジットカード現金化の違法性について

クレジットカード現金化の違法性について

クレジットカードとは、商品やサービスの代金を支払う際に後払いにできる機能が付いたカードのことです。会計時にクレジットカードを提示することによって、カード会社に支払いを立て替えてもらうことができます。
クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」が付帯していますが、ショッピング枠が通常のクレジット機能になっています。
さて、本題のクレジットカード現金化ですが、これは本来支払い機能として利用するクレジットカードのショッピング枠を換金目的で使用する行為です。
クレジットカード現金化業者に申し込みをして、指定された商品をクレジットカード払いで購入します。そして、その商品を業者が買い取る又は商品購入の対価にキャッシュバックをするといういずれかの方法で現金に換えてもらうことができます。
現金化してもらえる金額は業者の提示する還元率に応じて決まります。例えば、30万円の商品に対して還元率が90%の場合は、27万円を現金として受け取ることができるでしょう。

http://www.genkinka-land.com/
クレジットカード現金化は利用者に制限はないので、お金を借してくれる場所がないという方には便利な方法ですが、その反面では違法性もゼロではありません。今のところはグレーゾーンですので、利用には注意しましょう。
ただしクレジットカード会社では現金化での利用を禁止している場合もあるので、その際は現金化のクレジットカードを利用するのはお勧めできないでしょう。

クレジットカード現金化

関連エントリー